花より男子の二次小説です。オールCPです。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<< 2022 >>
プロフィール

サイコ

Author:サイコ
お越しくださりありがとうございます!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カウンター
ランキング
よろしくお願いします♪
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


◆Moon 7

   

 夢子さんに言われあたしは、今日初めて胡蝶の会へ参加する。
気が重い・・最も苦手な女の園・・・
夢子さんに前もって、会の様子や身なり、注意点などは聞いておいたけど・・・

聞いていたのと、実際この場に来てみるのとでは空気が違う。
新参者のあたしはこの場の雰囲気に威圧され、周囲の人に最低限の挨拶を交わし、
隅の方でみんなの様子を伺いながら立っていた。
綺麗な人たちが数人入って来て指定の席?があるのか?ないのか?分からないけど、
次々と着席していく、あたしはドアの近くの空いている席の横に移動した。

時間となり10名ほどのご婦人たちが集まったところで,リーダーらしき方が挨拶を始めた。

「皆様本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。
今日から新しく美作商事の若奥様がこの婦人会に入会されました。
美作さん一言どうぞ。」
みんながあたしに注目する。

「美作つくしと申します。皆さまどうぞよろしくご指導のほどよろしくお願いします。」
あたしなんかに時間を割いてもらうのも恐縮なので短めの挨拶をする。

「美作さん、何かわからないことがございましたら何なりとお尋ねください。」
周りから拍手が起こり私は頭を下げる。

はぁぁ~、これだけで疲れる・・・

美作はトップ企業なのでここでいじめられる事はないが、
あたし自身、庶民出身なので生粋のお嬢様たちの中にはどうしても馴染めない。
もう、すでに輪も出来上がっていて、溶け込めそうにない雰囲気だった・・・
英徳同様あたしは一人浮いていた。

婦人会は月に1度のペースで行われ、おもにボランティアや慰問、男女平等、
人権問題、子供の明るい未来、医療など社会貢献活動について話し合われる。
イメージアップの一環なので年間行事もほぼ例年通り変わらない。
毎年同じ活動を繰り返すため、話し合いも淡々と進んでいく。

『今回の議題は児童養護施の夏祭りついて』
あたしは隣の席のご婦人とペアで夏祭りのバザーを担当することに決まった。
綺麗でエレガントなご婦人だった。

「夏祭りご一緒致します、高坂と申します。」

「はじめまして、美作です。
こちらこそ、お役に立てるよう頑張りますので、なんでもおっしゃってください。」
立ち上がり深々と頭を下げる。

「そんなに緊張しないで。私こう見えて、この会では若手なのよ。
美作さんが入会してくれて、やっと後輩ができた気分だわ。
胡蝶の会は人の出入りがほとんどなくてね、新しい方も滅多に入ってこないの。
いつも同じ顔触れだから中々溶け込めなくて・・・
美作さんと夏祭りのペアご一緒できて嬉しいわ。これからもよろしくお願いします。」

つくしは少し緊張がほぐれた。

「こちらこそ、よろしくお願いします。」
つくしは話せそうな相手ができて少し安心した。

*************************************************************************

スポンサーサイト



| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>